第3回まちゼミが終了しました。


9月1日から開催されていた豊橋で第3回目のまちゼミが10月1日で、全て終了しました。

トライアルビレッジの講座は「コワーキングスペースとは?その活用方法」と題して、コワーキングスペースの歴史やトライアルビレッジを開設するまでの経緯、現在の状況などを中心に話す内容の講義(?)をしたんですが…

まちゼミは第1回から参加しているので、つまり今回で3回目。前回前々回と同じ話をしとけばいいやぁ〜とちょっと準備をサボってしまったのが、大きな反省点でした^^;

開設から5年。改めて考えると短いようですが、それでも利用者を始めトライアルビレッジ(と私、シバタ)を取り巻く環境は大きく変わっている中で、今までとはサービスが変わっていたり新しい取り組みを始めていたりして前回からの使い回しの用意した資料ではそりゃあダメだよなあと痛感しましたm(_ _)m

 

今年になってからも、VR手筒を一新したり、コードモンキーのメンターになったり、久しぶりに手筒を揚げることにしたり、サイエンスコアの新しい施設に関わったり、…となんだかんだいろんなことをやってます。トライアルビレッジ(と自分)を見直すためにもこうしてブログに書き起こすことは大事ですな、と筆をとった次第。

その中でも目下進行中のサイエンスコアの事業についてはまた近々報告します〜

ラズパイでドローンは作れるのか?(我々の技量で)


ラズパイ部(仮)の活動報告。

なんだかんだいろんな人が問題を持って来たり、提案があったりで毎回なんとなく目標を持って活動することができているラズパイ部(仮)です。

先週は「介工ハッカソン」に参加したチームから一緒に考えて欲しいとのことで手伝っていましたが、

 

今週からは無謀にもラズパイでドローンを飛ばすことにチャレンジです。

…が、完全に手探り状態なのでとりあえずトラビレにあったオモチャドローンを分解しました。

あとは仕組みについての議論です。

各部品の選定やデザイン、プロポとの通信、モーターの制御、挙げればきりがないほど問題が山積みなので来週からはそれらの問題を一つずつクリアにしていく作業をしていくことになります。
その過程で別のモノを作ることになりそうですが。

平行してロボットアームやIRKitを使ったIoTの話もでたりしてたので、しばらくはやることが盛りだくさんな感じです。

明日は上記の介工ハッカソンの中間報告会があるそうなので、ちょっと覗きに行こうかと思っています。

 

ラズパイ部(仮)は常時部員を募集していますので、興味があれば是非一緒に活動しませんか?見学自由ですd(^_^o)

活動時間:毎週土曜日の夜6〜9時
活動費(備品購入費とトラビレの利用料):毎月4,000円(学生2,000円)
目標:メイカーフェアに出店?

明日申込締め切り!パラレルキャリア講座 ~未来の自分を編集する~


 

皆さんは「パラレルキャリア」って聞いたことはありますか?

 

1つの仕事だけをやるのではなく、週末起業とはまた違う、「副業」ではない「複業」という考え方……

 

来月7日に「パラレルキャリア 新しい働き方を考えるヒント100」の著書であり、自身もブックカフェ経営や金継ぎ師などのパラレルキャリアで活動するナカムラクニオ氏による「パラレルキャリア講座 ~未来の自分を編集する~」がトラビレを会場に行われます。

 

事前申込制、応募者多数の場合は抽選となりますことご了承ください。締め切りは明日22日までです!

 

さっそく申し込みたい方はこちらの豊橋市ホームページからお願いします(`・ω・´)ゞ


様々な質問に答えつつ参加者で意見交換するワークショップと、その後に交流会も予定されています。

 

・働く意味を模索しているヒト

・一歩踏み出したいヒト

・自分を見つめ直したいヒト

 

におすすめです。

 

パラレルキャリアの考え方はコワーキングスペースともすごく相性が良いと思うので、ぜひ皆さんご参加ください!

 

※「パラレルキャリア 新しい働き方を考えるヒント100」はトラビレ本棚に置いてあります(`・ω・´)ゞ

 

【トラビレ割引キャンペーン】Eight割【〜10/31まで】500円OFF!!


トライアルビレッジにはSansan株式会社から無償貸与という形で名刺アプリ「Eight専用のスキャナーが置いてあるんですが、先日そちらの事務局からこんなメールが届きました。

 


ご担当者様

日ごろよりEightをご愛顧いただきまして、まことにありがとうございます。
お世話になっております、Eight どこでもスキャン事務局です。

貴社スペースに設置しておりますスキャナにつきまして、ご利用状況をご連絡させていただきます。
2017年3月~5月の3ヶ月間の月間平均の利用人数は
3人以下でございました。
※ユニークユーザーでのカウント

弊社としましては月間5人以上を設置基準とさせていただいておりまして、この状況が続きますと恐縮ではございますが、スキャナのご返却をお願いする可能性がでてまいります。

ぜひ、ユーザーの方にご利用の促進を訴求いただき、継続的な運用をお願いできますと幸いです。

セミナーや勉強会での名刺交換や新規会員様へのアピールとしてご活用いただくことで、利用数が伸びているスペース様も多くいらっしゃいます。

以上ご不明点などございましたら、本メールにご連絡ください。
引き続きよろしくお願いいたします。

どこでもスキャン事務局


 

というわけで、利用人数が少ないからスキャナーを返してもらうことになるよ、という警告のメールでした((((;゚Д゚)))))))

 

私は非常に便利に使っているだけにそれは困るので、急遽Eightの利用促進を図るべく割引キャンペーンを行います。

入店の際に、「Eightスキャナーを使いに来た」と言っていただいてその後実際に使っていただければ、500OFFにします!

つまり、Eightスキャナーを利用して1時間以内に退店すればトラビレの利用料が無料!!!

Eightスキャナーを利用して丸1日滞在しても1000円!!!

キャンペーン期間は本日より10月31日(火)までとします!

 

Eightを使ったことがない方は、全国シェアNo.1の名刺アプリで相手の肩書きなどが変わるとお知らせがあったりして便利なので是非使ってみてください!

Eightを使っているけどスキャナーを使ったことがない方は、ケータイで撮るよりめちゃ綺麗に取り込めるし、複数枚ある場合はめちゃ早いですよ!

 

この機会に是非Eightとスキャナーを使ってみてください〜!!!!(懇願)

8月のお休み&営業時間短縮のお知らせ


トラビレは基本的に無休なんですが、来月8月は数日お休みと短縮営業する日がありますのでご注意くださいませm(_ _)m

特に17〜21日の短縮営業については、日によって閉店時間がまちまちなのでご注意ください。

 

お休み

   8月13日(日)

   8月14日(月)

 

短縮営業

   8月17日(木) 〜16時までの営業

   8月18日(金) 〜19時までの営業

   8月19日(土) 〜21時までの営業

   8月20日(日) 〜19時までの営業

   8月21日(月) 〜21時までの営業

 

ご迷惑を御掛けしますが、よろしくお願いいたします。
なお、月会員の方に限ってはあらかじめ申請していただければ、極力対応いたしますので柴田までご連絡くださいm(_ _)m

ラズパイであそぼう!


主旨・目的もないまま、ラズパイで何かを作ってみたいという想いだけでラズパイ部を設立しました!

電子工作をしてみたい。
IoTやデジタルものづくりに興味がある。
アイデア商品で一攫千金を狙いたい。
身の回りの問題を解決したい。

という人達が毎週土曜日の夜に集まって、あーだこーだ言ったり黙々とハンダ付けしたりしたら面白そうじゃないですか?

ということで、ただいま部員募集中です。全くの初心者から上級者まで幅広く募集します!上級者の方は教えるつもりで来ていただけると助かります。

現在2名(+候補3名)って感じで活動中。

ラズパイ興味あるけど持ってないって方は、トラビレで”Raspberry Pi 3 Model B”ならいくつかまとめて買ってありますのでお気軽にお尋ねください。

※OSのセットアップも対応します!

 

とりあえず今週来週くらいは、ラズパイでLチカさせる(LEDを光らせる)くらいしかやってないと思いますが、今後は役に立つものや面白いものを作ってみたいと思っています。

 

今月のテーマは3Dプリンタ!「プレふら@トラビレ」はじめます


今日はプレミアムフライデーですが、皆さんのご予定はいかがですか?

 

トラビレ行ってみたい!

ゆるく交流したい!

プレミアムフライデーって言われてもやることない!

 

という方向けに、トラビレでは毎月テーマを決めてミニゆる飲み会を毎月プレミアムフライデーに合わせて開催することにしました。提供する飲食物がプレミアムな内容というわけではないのでご了承ください(缶ビールや缶チューハイ、カワキモノくらいは用意します)春のトラビレ懇親会に来られなかったけど秋まで待てないよ~という方にもおすすめです。

 

今回のテーマは「3Dプリンタ」。


基本的には3Dプリンタが動いているのを眺めながら酒でも飲もうか、という主旨です。積極的に何かを学ぼうとか交流しようとかいう会ではありませんが、飲みながら「3Dプリンタってどういう仕組みなの?」「どういうソフトでモデリングできるの?」といった入門的な質問には答えられるかと思います。このデータを印刷して欲しい・モデリングをしたい、という持ち込みも大歓迎です!

この日は早く仕事を終わらせてプレミアムなフライデーを満喫しましょ٩( 'ω' )و

※今後のプレふらテーマは随時募集中です。「これやって~」というのがありましたら言ってくださいね。

 

日時 6月30日(金) 18時00分~
場所 トライアルビレッジ 
※アクセスについてはこちらから
参加費:トラビレの通常利用料+1,000円 ※差し入れ歓迎

月会員メンバーでなくてもご参加いただけます! お気軽にお越しください。 

はじめてのビブリオバトルだって怖くない


 

7月8日19時から! 「ビブリオバトル in トラビレ」開催します ٩( 'ω' )و

 

ビブリオバトル、名前を聞いたことはあっても参加したことは無い、という方も多いのではないでしょうか?

今日は「ビブリオバトルって興味はあるけど、なんとなく腰が上がらないな~」という方への初心者向け記事です。

 

 

ルールは簡単!

  1. 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.
     
  2. 順番に一人5分間で本を紹介する.
     
  3. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う.
     
  4. 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする.

ビブリオバトルで守らなければならないルールは、たったこれだけです。発表の5分間はいわゆる読書感想文的な「物語のあらすじ」などではなく、発表者の思いの丈をライブ感満載で話しましょう!

※「なぜチャンプ本を決めるのか?」「なぜ自分で本を選ぶ必要があるのか?」「なぜ原稿を準備しないのか?」あたりは公式サイトで詳しく説明されています。

 

超読書家じゃなくても楽しめる?

「知的書評合戦」と言われるビブリオバトルですが、難しい本を難しい文言で紹介しなくてはいけない、というわけではありません。発表者(バトラー)が「これはおもしろい!」と思う本を思うがままに紹介すればOKです。たくさん本を読んでいる人ほど面白い本を知っているかもしれませんが、「普段は全然本を読まないんだけど、これは面白かったんだよね」という人の紹介でもいいんじゃないかと思います。

 

一期一会の本と人との出会いが魅力

今の時代、気になるキーワードをネットで検索すればすぐにそのテーマの本を見つけることができます。Amazonで本を注文すれば即座に関連書籍が紹介され、購入者のレビューを確認することもできます。

しかし、そんな時代だからこそ「参加したビブリオバトルで紹介された本」という偶然の出会いが参加者を楽しませています。「どんな本が紹介されるか」はもちろんのこと「どんな切り口で紹介されるのか」も当日集まった参加者によって変わってきて、おもしろいところです。

 

ビブリオバトルは、本の紹介を通じてお互いを知り合うコミュニケーションの場としても楽しまれています。日常的な交流や異業種交流会とはまた違った交流の場を楽しんでみませんか? 初心者歓迎! ご参加お待ちしております!

 

ビブリオバトル in トラビレ

日時 7月8日(土) 19時00分~
場所 トライアルビレッジ ※アクセスについてはこちらから
参加費 1000円(軽食・ドリンク付き ※持込自由・アルコール可)
テーマ 自由 どなたでもお気軽にご参加ください!

☆Facebookのイベントページはこちらから☆

 

★バトラー(本の発表者)※希望者多数の場合、先着順
メール(info@trialvillage.net)もしくは店頭で事前にお申込みください。初心者歓迎! ※事前準備のため、紹介する予定の本をお申込み時にご連絡ください。

★観覧のみ
本の紹介を聞くだけ(質疑応答タイムもあります)の参加も可能です。

 

当日は軽食(ピザを予定)やドリンクをご用意します。緊張せず、ビブリオバトルがはじめての方はもちろんトラビレ自体がはじめての方も気軽にご参加くださいね。バトラー参加の方も観覧の実の方も、人数把握のためできるだけ参加表明をお願いします!(Facebook、メール:info@trialvillage.net、店頭にて)

 

豊橋市のプログラミング教育推進プログラムについての考察


豊橋市が、

-------------------------------------

「IT先進都市Toyohashi」を目指し、”豊橋市民総メンター”によるプログラミング教育を推進するモデルプロジェクトを民間事業者と連携して始めます!
http://www.city.toyohashi.lg.jp/32007.htm

-------------------------------------

 

とのことで、コードモンキーというウェブ教材が豊橋市民1,000人に配布され(要応募)、トライアルビレッジとしても応募して実際にやってみました。

一応その無料ライセンスでプレイできるステージは全てクリアしたので、少し感想を。

 

正直なところ、論理的な思考を育てるという意味では良いかも知れないけど、プログラミング的発想を育てるという意味ではどうなんだろう?と感じました。なんだかこの教材が求める「正解」に誘導されているような…

端的な事例としてはプレイされた方が以下のような発言をしています。

これにはコードモンキー日本公式も返答しています。

 

求められる「結果」が得られれば正解というわけではなく、解答方法が違うと満点(星3つ)じゃないのが何となくモヤモヤします。ただ、道具を知らないと使えないので「道具の使い方を知る」という意味ではしょうがないのかなとも思います。

 

先日、はてなブックマークでこんな記事を見ました。

パソコンの自動化で稼ぐことができたので方法教えるよ!
(コメントとかも見れるように元記事じゃなくてはてブのURLを貼りました)

これが適切な例かわかりませんが、実際の社会で求められるのは品質(求められる結果の精度や納品するプログラムの拡張性)とかコストとか納期だったりします。

プログラミング教育は問題解決の手段としては有効で、プログラミング的思考によって社会が豊かになるイメージはあるんですけど、コードモンキーをやっただけではある模範解答に沿った問題しか解決できないようなマニュアル人間が育ちそうな気がしてます。

コードモンキーはプログラミング教育のための教育であって、この後の教育が大事なのかなと思いました。

 

ちょっと批判的な意見を書いてしまいましたが、ちょっと前に行われたWWDCでも82歳の日本のおばあちゃんが開発者として招かれているように、個人でもアプリなどを気軽に開発できる環境が我々の周りには存在します。自分のための自分だけのプログラムを作る人が増えたら、もっともっと世の中が面白くなるのかなと思いますし、トラビレでもVRソフト開発をしているということもあるので、私も出来るだけこのプログラムに参画したいと思っています。今月24日にはとよプロ2017xコードモンキー 第一回オープン講座@愛知県豊橋市というイベントも行われるそうなのでそちらにも行って見たいと思います。

※入場無料
※だれでも入場可能です(とよプロライセンスカードお持ちじゃなくてもOK)
※いつでも入退場可能です。
facebookイベントページより)

とのことなので、ちょっとでも興味がある方は一緒に参加してみませんか?

「はじめてのVR体験 in トラビレ」開催レポート


 

土曜日は「はじめてのVR体験 in トラビレ」でした٩( ᐛ )و

 

大型イベントでVR手筒花火を短時間だけ体験していただく機会はあっても、いろいろなVRコンテンツを試したり簡単な説明を加えたりということはこういったイベントでないとなかなか出来ないので、良い機会だったかと思います。

豊橋市内の方はもちろん、市内の方にもご参加いただきました!

スマホとVRゴーグルで手軽に体感できる360°動画と、VR世界に没入して操作ができるOculusRiftCV1+OculusTouchを体験して比べいただきました。

「そもそもVRってなに? どんなことができるの?」

というところから、

「この画像どうやって撮ってるの!?」

「ARとはなにが違うの?」

などなど、色々な質問をいただきました。

 

「これのココがもうちょっと…」「ああいうVRコンテンツとかあったらいいね~」という意見も出てきて、VRの体験だけでなく開発のきっかけにもなりそうで嬉しいです٩( ᐛ )و 「これからVRコンテンツづくりにチャレンジしてみたい!」という方にはUnityでの開発がおすすめです(トラビレに関連書籍あります)

 

 

以上、今回のイベントレポートでした!

また来月も何かしらのトラビレ主催イベントを行いますので、決まり次第このブログやFacebookページでお知らせしていきますね。