数年ぶりの手筒花火とVR


手筒花火

手筒花火(てづつはなび)は、1メートルほどの竹筒に火薬を詰め、それを人が抱えながら行う花火である。手筒花火は、打ち上げ式ではなく吹き上げ式の花火で、その火柱は大きいものだと10数メートルにもなる。 愛知県豊橋市吉田神社が手筒花火の発祥の地とも、豊川市の進雄神社が発祥の地ともいわれる。豊橋市のある愛知県東三河地方、および静岡県遠州地方西部で特に盛んである。

手筒花火 – Wikipedia – 豊橋市

“数年ぶりの手筒花火とVR” の続きを読む

はじめてのビブリオバトルだって怖くない


 

7月8日19時から! 「ビブリオバトル in トラビレ」開催します ٩( 'ω' )و

 

ビブリオバトル、名前を聞いたことはあっても参加したことは無い、という方も多いのではないでしょうか?

今日は「ビブリオバトルって興味はあるけど、なんとなく腰が上がらないな~」という方への初心者向け記事です。

 

 

ルールは簡単!

  1. 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.
     
  2. 順番に一人5分間で本を紹介する.
     
  3. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う.
     
  4. 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする.

ビブリオバトルで守らなければならないルールは、たったこれだけです。発表の5分間はいわゆる読書感想文的な「物語のあらすじ」などではなく、発表者の思いの丈をライブ感満載で話しましょう!

※「なぜチャンプ本を決めるのか?」「なぜ自分で本を選ぶ必要があるのか?」「なぜ原稿を準備しないのか?」あたりは公式サイトで詳しく説明されています。

 

超読書家じゃなくても楽しめる?

「知的書評合戦」と言われるビブリオバトルですが、難しい本を難しい文言で紹介しなくてはいけない、というわけではありません。発表者(バトラー)が「これはおもしろい!」と思う本を思うがままに紹介すればOKです。たくさん本を読んでいる人ほど面白い本を知っているかもしれませんが、「普段は全然本を読まないんだけど、これは面白かったんだよね」という人の紹介でもいいんじゃないかと思います。

 

一期一会の本と人との出会いが魅力

今の時代、気になるキーワードをネットで検索すればすぐにそのテーマの本を見つけることができます。Amazonで本を注文すれば即座に関連書籍が紹介され、購入者のレビューを確認することもできます。

しかし、そんな時代だからこそ「参加したビブリオバトルで紹介された本」という偶然の出会いが参加者を楽しませています。「どんな本が紹介されるか」はもちろんのこと「どんな切り口で紹介されるのか」も当日集まった参加者によって変わってきて、おもしろいところです。

 

ビブリオバトルは、本の紹介を通じてお互いを知り合うコミュニケーションの場としても楽しまれています。日常的な交流や異業種交流会とはまた違った交流の場を楽しんでみませんか? 初心者歓迎! ご参加お待ちしております!

 

ビブリオバトル in トラビレ

日時 7月8日(土) 19時00分~
場所 トライアルビレッジ ※アクセスについてはこちらから
参加費 1000円(軽食・ドリンク付き ※持込自由・アルコール可)
テーマ 自由 どなたでもお気軽にご参加ください!

☆Facebookのイベントページはこちらから☆

 

★バトラー(本の発表者)※希望者多数の場合、先着順
メール(info@trialvillage.net)もしくは店頭で事前にお申込みください。初心者歓迎! ※事前準備のため、紹介する予定の本をお申込み時にご連絡ください。

★観覧のみ
本の紹介を聞くだけ(質疑応答タイムもあります)の参加も可能です。

 

当日は軽食(ピザを予定)やドリンクをご用意します。緊張せず、ビブリオバトルがはじめての方はもちろんトラビレ自体がはじめての方も気軽にご参加くださいね。バトラー参加の方も観覧の実の方も、人数把握のためできるだけ参加表明をお願いします!(Facebook、メール:info@trialvillage.net、店頭にて)

 

ノマドのクールシェアはトラビレへ!


先週からほの国百貨店の屋上ビアガーデンも始まり、もう十分に暑い豊橋ですね。

クールビズはもうすっかり定着しましたが、皆さん「クールシェア」というのはご存知ですか?
 

クールシェアとは、できるだけみんなで冷房を共有して節電しよう!という取り組み。

図書館などの公共施設のほか、カフェなども「クールシェアスポット」として利用が推奨されており、コワーキングスペースもそのひとつです。

 

自宅ワーカーやノマドワーカーの皆さん、カフェよりも長居しやすく、図書館より自由なコワーキングスペースでクールシェアしませんか?

 

トラビレなら単に涼しいだけでなく

などなど、おすすめポイントがたくさんです٩( ᐛ )و

 

まだトラビレ行ったことないよ~という方は、こちらの記事をご参考に!

牛に座ったりゴロ寝できる休憩スペースできました


 

先日紹介したアクアリウムに続き、トラビレの 癒 し 要素が増えました。こんな感じの↓休憩スペースです。

気分転換にレトロゲームをするもよし、ゴロ寝をするもよし…牛のぬいぐるみは結構丈夫で実は座ることもできますよ。

あとFacebookでやたら反響の大きかった「重さが六分の一で表示される月デザインの体重計」もココにあります。

どんなもんかは、ぜひ実際に試してみてくださいね٩( ᐛ )و

 

 

★ 明日は恒例のトラビレ懇親会です! ★

※当日はセミナー&懇親会の準備のため営業時間が18時までとなりますのでご注意ください。

アクアリウムはじめました


豊橋駅から徒歩5分、快適仕事空間トライアルビレッジにGWから水槽を置きました。念願のアクアリウムです。

数年前からトラビレに水槽を置きたいと思いながらも、設備を買い揃えたり日々の餌やりや水槽の掃除などが面倒臭そうだったので後回しにしていましたが、こんなことではいつまでも導入できないなと思い、えいやとアマゾンで一式揃えました。

置いて良かったです。見てて飽きないですね、アクアリウム。家から持って来た水草にくっついてたみたいで、タニシも1匹います。設置してから3週間くらい経ちますが、チェリーレッドシュリンプが1〜2匹昇天しただけで、みんな元気です。むしろ子供を産んだんでちょっと増えてます。ときどきエビがブクブクの気泡の中に飛び込んで遊んでたり、オトシンネグロや石巻貝がもそもそガラス面の苔を食ってるのをぼーっと眺めてるだけで癒されます。

アマゾン、なんでも揃ってるんですね。魚とかエビなどの生体も売ってて驚きました。他にも道具とか設備もいくつか買いましたが、思ったよりお金はかからず、生体も藻とか苔を食べるモノばかりなので基本的には水換えもほとんどしなくていい(はず)ので手間が全然かかりません。

これから夏場の対策は全然してないので心配ですが、長生きしてほしいです。

 

アクアリウムの「沼」にハマりそうなので気をつけたいところですが、もう1台くらいなら水槽を増やしても良いかなと片足を突っ込み始めてます^^;

 

たまにアクアリウムで癒されたい人はドロップイン利用、常に癒されたい人は月額利用がおすすめ(・ω・)ノ

人脈づくりで失敗しないために、おさえておきたい3つのポイント


 

今月はビジネスや人生を豊かにする「人脈づくり」をテーマに、「なんだか上手くいかないよー」「異業種交流したことないよー」という方向けの記事を週一くらいのペースで公開しています。

 

今月27日には人脈づくりもできる(※無理にしなくてもいいです)春のトラビレ懇親会&ミニセミナーがあります。はじめてトラビレ懇親会に参加したいなーという方向けに先週は「トラビレ懇親会に来て参加者に声をかけるまで」の記事でしたが、今回は「良い人脈づくりのためのコミュニケーション」についてです。

 

「色々な人と交流しているんだけど、なんだか上手く人脈つくれてないんだよな~」という人は、そのコミュニケーション方法があまりよろしくないのかもしれません。人脈づくりにお困りの方はひとつの参考にしてくださいね。

 

普段はあまり異業種交流をしない方、初対面で話すのが苦手な方でも、次の3つのポイントをおさえておくとグッと人脈づくりがやりやすくなりますよ。

 

相手をよく知ること

積極的に人脈づくり、というとつい前のめりになりそうになってしまいますが、「ギブ」が先にあってこその「ギブ&テイク」ですから、まず自分が相手の役に立つことが先です。「いかにして相手の役に立つか?」は相手をよくよく知らないとわかりませんから、相手の話をよく聞き理解することが大切ですよね。まずはしっかり相手の話を聞き込んで、自分が提供できる情報やスキルがあればアピールしてみましょう!

 

自分の目的をわかりやすく表明すること

どんなに自分が相手の役に立ち、信頼されても「あなたはいったいどうしたいの?」というのが理解してもらえていないと、相手は何かしらを紹介したくても紹介できない状態になってしまいます。「相手をよく知る」次のステップとして、「相手によく知ってもらう」ことが必要になります。自分がどんな仕事をしているのか、その中でもどんなことを得意にしているのか、逆にどんなことが不足しているかをわかりやすく伝えておくことで、的確な紹介をしてもらいやすくなりますよ。

 

繰り返し伝えること

自分の商品・サービスなどを人脈を通じて広めていきたいとき、1度話して達成できれば良いに越したことはありませんが、必ずしもその場で成果が出るとは限りません。例えば比較的珍しいイベントを開催し、その宣伝をしたとして「即決で参加を決める」人はわずかです。しかし「即決で参加を決めなかった」人でも、繰り返し情報を伝えることによって「参加する人」に変わる可能性は大いにあります。人脈は作る、というよりも「育てる」と考えると良いかもしれませんね。

 

リアルな交流をきっかけにSNSでも継続的な繋がりをつくり、繰り返し情報発信をして相手との関係性を深めていくのがおすすめです。ここでも、「まず先に相手の役に立つこと」「自分のやりたいことを明確にしておくこと」で、より良い人脈がぐんぐん育っていきますよ!

 

以上、「人脈づくりのための3つのポイント」でした。今週末に迫ったトラビレ懇親会はとてもカジュアルな交流会なので、「これから人脈つくっていくぞ!」という方にもいい練習になるんじゃないかと思います。参加をご希望の方は飛び込み参加も可能ではありますが、電話メール、またはFacebookイベントページでご連絡いただけると嬉しいです(・ω・)ノ

 

はじめてでも安心!トラビレ懇親会に参加しよう


 

今月はビジネスや人生を豊かにする「人脈づくり」をテーマに、「なんだか上手くいかないよー」「異業種交流したことないよー」という方向けの記事を週一くらいのペースで公開しています。

 

ちょうど27日には年に2回のトラビレ懇親会(誰でも参加OK!)があり、新しい人脈づくりにはもってこいです。

ただ、コワーキングスペースの懇親会ってなんだか行きづらく感じる方もいらっしゃるかもしれませんよね。ということで、トラビレ懇親会がどんな感じなのかをご紹介していきます。

 


※写真は去年5月のトラビレ懇親会の様子です

 

恒例のトラビレ懇親会は5月と11月の年2回開催。

トラビレに行ったことがないけど興味はある。

・なかなか他の利用者さんと話すきっかけがない。

・単純にいろんな人と知り合いたい

・トラビレって何それ旨いの?

という方向けのイベントです。<< 27日のトラビレ懇親会についてもっと詳しく >>

 

まず、当日はトラビレに着いたら(トラビレへのアクセスについてはこちらから)受付で参加費をお支払いください。参加費は一般3000円、トラビレ月会員2000円、お酒やおつまみなど差し入れを持って来てくれた方は1000円引きになります。

飲食はセルフサービスなので、どうぞ好きなものを好きなだけ食べ飲みしてください。懇親会中は自由に交流してもらっていますが、黙々と飲食していても、飲まず食わずでひたすら話していても、どちらでも大丈夫な雰囲気です。

実はトラビレ懇親会は参加者のうち毎回約30%は「はじめてトラビレに来る人(もしくはめったに来ない人)」なので、「これからトラビレを利用したい人」にも来やすいイベントかと思います。

たとえ初対面でも、トラビレの懇親会に来る方々はだいたいが絡みやすい人かと思うので安心してください。

・ どういうきっかけで懇親会に来たか
・ トラビレは普段から利用しているか
・ どんな仕事をしているか

あたりを聞くとスムーズに交流できるかと思います。なんだかんだで名刺交換する流れになるので、持っている方は名刺やショップカードを持ってくるのがおすすめです。

 

珍しい業種の人がいたり、探していたスキルを持った人を思いがけず見つけたり、単純に気の合う人に出会ったり、日常にはない人脈づくりのキッカケに溢れているのがトラビレ懇親会です! 今回は人脈に関するミニセミナーも同時開催するので、ぜひご参加くださいね(・ω・)ノ

<< トラビレ懇親会のイベントページ(Facebook)はこちらから >>

面倒な手続きは無し!Facebookアカウントでトラビレを図書館に


皆さんは「リブライズ」って知ってますか? Facebookアカウントがあれば面倒な手続きは一切無しでトラビレにある本が借りられます。レンタル料は無し!(※トラビレ利用料のみ)なかなか高価なビジネス書も、これでいつでも読み放題ですよ(・ω・)ノ

 

 

リブライズとは

リブライズは、本を通じてコミュニティスペースをもっと面白くするサービスです。

本棚があるコミュニティスペースはたくさんあります。 そこでの本の貸し借りは、新しいコミュニケーションを生み出すはず。 でも、それを支える仕組みはなかなかありません。

リブライズはそんな場所を、いとも簡単に図書館にしてしまいます。

必要なのはバーコードリーダとFacebookアカウントだけ。 サービスは無料ですぐに利用できます。 コミュニティスペースを運営されるみなさん、 そこに集まるみなさん、 ぜひリブライズを使ってみてください!

※公式サイト「リブライズとは?」 より

 

トラビレはリブライズのブックスポットになっています。要は、Facebookアカウントがあれば、スマホが貸し出しカード代わりになって簡単にトラビレにある本を借りられちゃうんです!

 

使い方

①リブライズにFacebookアカウントでログインする

まずスマホでリブライズのサイトにアクセスして、Facebookアカウントでログインします。
するとバーコードがかかれた画面になるかと思いますが、この画面を使って本の貸し出しを行います。(いちいちアクセスするのが面倒な人は、スクリーンショットを撮っておくと便利です)

②トラビレを利用する

本の貸し借りは無料ですが、トラビレを利用した方のみのサービスになっています。
ドロップイン利用でもOK! 1時間トラビレで読書してから気になる本を色々借りて帰ってもたった500円なんです。(さらに回数券ならもっと安く!

③借り方

本を持って受付スタッフに申し出てください。手続きはリブライズのバーコード画面と本のバーコードを読み取るだけです。
特に貸し出し期限や上限冊数は無いので、ゆっくりたくさん読んでくださいね!

④返し方

返却は受付スタッフに本を渡してもらえば完了です。
返すだけならトラビレを利用しなくても大丈夫なので、ちょっと駅前の用事ついでに返しに来てもらってもいいですよ。

 

 

「これおすすめだからみんなにも読んで欲しいよ~」っていう本をお持ちでしたら、寄贈大歓迎です!

「トラビレにこんな本があるよ~」というのはこちらのカテゴリで少しずつ紹介しています。「トラビレで読んだこの本良かったわ~」というのがありましたら、ぜひ感想等々トラビレのFacebookページに投稿したりtwitterの #トラビレにある本 に投稿したりして教えてくださいね。お待ちしております!

お得なトラビレ利用術


これからコワーキングスペース、トラビレを利用したい方向けの「おいでよ!トライアルビレッジ」連載、最終回は「お得なトラビレ利用術」です。月額利用のコスパやドロップインが安くなる回数券、会議室の割引などご紹介しますね。

 

 

週に3回以上使うなら断然お得な月額会員

豊橋駅から徒歩5分の立地に広々とした空間・便利なサービスが月額1万円で利用し放題。
通常のドロップイン料金で週に3回使うと約2万円なので半額近くになりますね。
さらに月額会員のみ使える割引サービスもあります!

  ★5階貸し会議室利用

   通常1時間2000円の利用料が半額になります。
   セミナーや講習会をよく開催する方、イベントの前後でパソコン作業をしたい方は月額利用がおすすめ。

  ★レーザープリンター印刷

   印刷料金も月額会員なら半額! 月額会員専用のネットワークでパソコンから直接印刷もできます。

   

 月1万円は賃料としても格安ですが、光熱費なども月額利用料に含まれるので、使えば使うほどお得になります! 
 ゴミ出しや清掃といった煩雑なこともトラビレならすべてお任せなので、貴重な時間を業務に集中して使えますよ。

 

1年間ドロップインが割安になる回数券

通常1時間500円、3時間以上1500円定額のドロップイン利用ですが、回数券を使うと1日居ても1000円で利用できます。回数券の有効期限は1年間なので「週1くらいで来る」「よく来る月と全然来ない月がある」といった人は回数券がおすすめ。

実は回数券は複数人でシェアもできるので、お客様や打ち合わせ相手の利用料もお得に支払うことが可能です。

精文館の帰りに寄ってゆっくり本を読んだり、駅前での飲み会前の微妙に空いた時間を過ごしたり、仕事以外でもトラビレをお得で便利に利用してくださいね!

 

 

ということで、今月はコワーキングスペース初心者向けのコラムを更新してきましたが、少しでも身近に感じられるようになったでしょうか?

(これまでの記事はこちらから↓)

★ はじめてのトラビレ~豊橋駅から入店まで~

★ トラビレで何ができるの??

★ コワーカーと交流してみよう

★ 変わったことしてみる??

 

変わったことしてみる??


これからコワーキングスペース、トラビレを利用したい方向けの「おいでよ!トライアルビレッジ」連載、第4回目はトラビレにある・出来る「変わったこと」特集。ここで出来るのは仕事や勉強だけじゃない! ということで、思わず「ええ~こんなものあるのか!」「おお~こんなことできるのか!」と唸る(はずの)設備や用品の紹介です。

 

VR体験・開発環境

入店して10歩で仮想空間へ! トラビレは今年はじめから最新のVR機器を設置しています。
豊橋市内外のイベントで話題の(先日はテレビ取材も!)VR手筒花火体験も可能です。

VR体験だけでなく開発も大歓迎で、そのための関連書籍があったりイベントも開催しています。

(参考記事)
きみも「ゆにてぃー」はじめてみる?
豊橋でVRハッカソン! 開催レポート【前編】
豊橋でVRハッカソン!開催レポート【後編】

 

3Dプリンタ

こちらも今年に入って導入された、3Dプリンタ。
初期設定や使い方のコツを把握するまでがなかなか大変でしたが、今では問題なく出力できます(・∀・)


「3Dプリントってよくわからないけど興味ある~!」って方でも気軽に見に来てくださいね。

<<稼働している様子はこちらから>>

 

バランスボール

あまりにも自然にトラビレに置いてあって誰にも突っ込まれないバランスボール。
ちょっと作業から離れてトレーニングをするもよし、椅子代わりに使って体幹を鍛えてもOK!
運動不足を危惧するコワーカーが増えてくると、もっと道具が増えたり運動イベントをはじめるかもしれません。

 

その他

スーファミやプレステ2、はんだゴテやグルーガンなど、書き出すとキリがないですがとにかく色々なものがあります。
本棚にはものすごくマニアックな書籍もしれっと置いてあるので、今後そういう本もブログで紹介できたらいいなと思っています。

 

トラビレは便利な環境でひたすら仕事をしてもよし利用者と交流してもよし、ちょっと変わったことに挑戦してもよし!
とりあえずドロップインでも1日中なにをどれだけしても最大1500円で使い放題です。

ただでさえ割安な料金ですが、トラビレの使い方によってはさらにお得になる方法もありまして、それはまた明日の記事でご紹介しますね(・ω・)ノ