MacでWiiリモコンを使う。

しばらく置いたままになっていたOculus Riftをようやく最近触っています。

公式サイト内にあるOculus Unity Tuscany Demo(以下、デモ)をやったり、ネット上でいろんなソフトがダウンロードできる(DK2対応ソフト紹介/もぐらゲームスなど)のでインストールして楽しんでいたんですが、ゲーム用のコントローラーがあったほうが操作がしやすいことに気付き、mac用のゲームパッド(コントローラー)を買おうと思ったのですが、mac用のゲームパッドって全然無いんですかね? Google先生に聞いてみてもなかなか見つからなくて、しかもyosemiteにアップデートしたことで(LionやMervericksでは作動するって書いてあるけど、Yosemiteで使えるの?)と多少疑心暗鬼になり、その後多少の試行錯誤と多少の無駄銭を使いましたので、備忘録として、またこれからmacでゲームパッドを使う方のために、その様子をお伝えします。こうしたIT系の知識にはあんまり明るくないので、わからなくなったら諦めるて別の方法を検索してまた試すという繰り返しなので、検証というほどではないですが、最終的にmacでwiiが使えたので、その方法とそこに行き着くまでの経緯を載せます。

結論が知りたい方は一番最後に書いてありますので、そちらまで読み飛ばしてください^^;

1.ワイヤレスマウス Remote Mouse – YANG TIAN JIAOを試してみる。
 

デモをやるにあたってそんなに複雑な動きは必要無いので、以前iPhone, iPadにインストールしてたRemote Mouseを繋げてみましたが、Demoを起動するとRemote Mouseが動かなくなる。Free版だからいけないのかと有料版を買ったが変わらなかったので諦める。Remote Mouse代300円。

※iPhone,iPadをMacのマウスやキーボードとして使えるアプリ。プロジェクターを使ってプレゼンとかするときに重宝するかもしれない。使ったことないけど。

2.Wiiリモコンをペアリングしてみる。

次に、Wiiリモコンがあったので、とりあえずBluetoothでペアリングしてみました。が流石にそれだけでは何の反応もしませんでした。で、ググると、GamePad Companion – Carvwareってアプリをインストールして、wiijiってアプリを使うとWiiリモコンが使えるようになるっていう紹介があったので、その通りにやってみたんだけど、yosemiteだったからなのか、WiiリモコンがMotionPlusだったからなのかわかりませんが、wiijiがWiiリモコンを見つけてくれなかったので諦める。GamePad Companion代800円。

3.Joystick Mapper – Chibata Creations

 で、更に調べてみると上記のGamePad Companionと同じようなもので、Joystick Mapperなるものがあり、そこのFAQページ

  • Does it work with Wii remote?

    Currently, Yes! Using an app called Wjoy (Download Here). But it is not officially supported right now. However, I tested it with a Wiimote and a Classic Controller and it worked pretty well.
    Last version changelog says it is compatible with WiiU Gamepad Pro, but its current analog stick range is a bit low and you may have problems to map it using the 'Scan' function.

と書いてありました。Google先生に翻訳してもらうと、

  • それはWiiリモコンと連動していますか?

    現在、 はい! Wjoyと呼ばれるアプリを使用して (ダウンロードはこちら)。しかし、それは公式に今はサポートされていません。しかし、私はWiiリモコンやクラシックコントローラでそれをテストし、それはかなりうまくいった。
    最後のバージョン変更履歴は、それがプロWiiUゲームパッドに対応していると言うが、その現在のアナログスティックの範囲は少し低いですし、 「スキャン」機能を使用してマッピングする問題が発生する場合があります。

とあり、Wiiリモコンが使えるとのことなので、Joystick Mapper(500円)を購入して、Wjoyとともにインストール。Wjoyがどんな影響を与えてるのかはわからんけど、あとはこのサイトの通りにやったらつながりました。

結論

ここに行き着くまでに計1,600円の出費。内1,100円は無駄銭でした。皆様、アプリ購入の際は慎重に。